Misa’s Mindfulness Blog

心理カウンセラーMisaが日英中のパワーワードをご紹介します。

<英語⑧>イエスマン/Say yes to our life

"イエスマン"という映画をご存じですか?見たことがある方はどのような感想を持ちましたか?10年くらい前に流行った映画なのですが、要約すると、後ろ向きな性格でイケテない人生を送っていた主人公が、全てのことに対してYes!ということによって人生が好転していくという、ポジティブなメッセージ性が高いコメディ映画です。私たちの生活でも全てのことに対してYes!と思うようにすると、彼と同じように人生が好転していくのでしょうか?今回はすべての物事を受け入ることについて考えていきたいと思います。

f:id:misa_mindfullness:20200107204340j:plain

Mindful(形) : 心に留める、忘れない。(名) mindfulness

 

 


 

1. 本日のMindfulness Word

f:id:misa_mindfullness:20200110224931j:plain

英語

“There is something wonderfully bold and liberating about saying yes to our entire imperfect and messy life.” – Tara Brach

wonderfully(副) : 驚くほど、びっくりするほど。(形) wonderful 驚くべき。

bold(形) : 大胆な、勇敢な、力強い。

liberating(形) : 解放的な。(動)liberate 解放する。

entire(形) : 全体の、全部の。(類)whole

imperfect(形) : 不完全な、完璧でない。↔︎perfect 

messy(形) : 散らかった、乱れた、ごちゃごちゃした。

 

日本語意訳

私たちの不完全でごちゃごちゃしている人生全体において、イエスと言うことは驚くほど力強く解放的な気持ちになります。

 

2. 意味を深掘りして考える

受け入れるということ

f:id:misa_mindfullness:20200110225032j:plain

生活していると自分が予想してなかったことが起こることって沢山ありますよね。恋人の別れや、友人との喧嘩など自分の思いと反して起こってしまうことっていっぱいあると思います。

私自身も心が傷ついてしまって、乗り越えるのが大変だった予想外の出来事ってたくさんあります。信頼してた親友にお金を貸し返済なく音信不通になったり、元セフレに実家押しかけられ、家族全員に不倫がバレたり。笑 ここまで極端なことでなくても、自分にとってポジティブじゃないことをイエスマンのように"Yes!"と受け入れるのって相当勇気がいりますよね。友達と音信不通になり「友達とは連絡が取れなくって良かったんだ」と思うとしたら、そもそも友達なんかではありません笑。

f:id:misa_mindfullness:20200110231954j:image

ここでいうYes!と受け入れるということは、友達と連絡取れなくなってしまったけど仕方がないと受け入れるという意味合いになります。起こってしまったことに関して、自分の力で何かを変えることは不可能です。できることはただ一つ、事実を受け入れることのみです。少しでも痛みを減らすようにするには、ありのままの状態を受け入れること以外は存在しません。

 

受け入れることによる心の変化

f:id:misa_mindfullness:20200102224551j:plain

受け入れることによって、心はどのような状態になるか考えてみましょう。私の例は少し極端でしたので笑、転職した会社でうまくいっていない人がいるとしましょう。その人は、転職したばかりで周りと馴染めずに、仕事効率も上がらず焦っているとします。前の会社の方が自分にあっていたのかなとか、自分の良いところが活かせないのではないかとか、マイナスなことばかりが浮かんでしまいます。

しかし「これをいいんだ!」と受け入れるとします。過去と比較をするのではなく、自分の選択を肯定し、今を受け入れることにフォーカスするようにします。

f:id:misa_mindfullness:20200110232358j:image

するとどうでしょう。受け入れることによって自分に自信や余裕が生まれ、周りと積極的に話をできるようになると思います。ネガティブな感情をもったまま同僚と話をすると、表情や語尾に現れたりして、余計にうまくいかなくなってしまうことがあります。そのような感情はできるだけ捨て、積極的に肯定するようにしましょう。そうすると以下のような感情が自然と消えていきます。

 

● 周りにどう思われているんだろうといったような不安

● なんで自分を理解してくれないんだろうという怒り

● なんで私は受け入れられないんだろうという悲しさ

受け入れることによりあなたの表情は自然と柔らかくなり、同僚への接し方もポジティブなものになっていくことを実感できると思います。

 

受け入れるようにするための訓練

f:id:misa_mindfullness:20200110225238j:plain

肯定したほうが良い、受け入れるほうが良いと頭ではわかっていても、実際それを実践するのは簡単なことではありません。では物事や自分を受け入れるにはどのようにしたら良いのでしょうか。実際に私が行ったことをご紹介します。

 

①マイナスな感情があったらそれを文章に書き出す。

②なぜそのように思うかを考える。

③数日経ってからその感情がまだ存在するか考える。

 

マイナスの感情は書き出すことによって、自分の心の整理ができます。頭の中では感情が吐き出されず堂々巡りだったものも、意外と書き出すことですっきりするということがあります。そして書いているその時は受け入れられなくても、一週間後に同じ感情かどうか考えてみたら、意外とそこまで悩んでいないことが分かったりする場合もあります。

 

f:id:misa_mindfullness:20200110225744j:plain

その人悩みの程度によって期間は様々ですが、自分の心とじっくり対話することによって、なぜそのような感情を抱いているのかが明確になり、自分の状態を見つめるきっかけになります。また感情を吐き出すことによって、一旦気持ちを落ち着けるという効果も期待できます。毎日自分の心と対話をすることによって、自分の思考の癖がわかり、「あ、またこういうことが自分の心にマイナスの感情を生んでいる」と冷静に判断をすることによって、受け入れるステップにもつながります。

すぐに効果を出すことは難しいですが、これを繰り返し実践していくと自分の心を冷静に分析し、自然と自分自身を受け入れられるようになるので、心が物事(もしくは自分自身)を受け入れられずに苦しんでいる方は、試してみてください。

 

4. まとめ

f:id:misa_mindfullness:20200110225347j:plain

生きていると自分の心がmessyになることはたくさんあります。1つ1つの予期せぬ出来事に、心が反応していたら疲れてしまいますね。なので、まあいっか!とか仕方ない!といったような受け入れる癖をつける。これだけで大部分のネガティブな感情はだいぶ消えていなくなってくれます。

イエスマンのようにすべてのことに対してYes!と口に出して肯定していくのはなかなか難しいと思いますが、映画の趣旨同様、少なくともネガティブな今の状態を好転させるということは事実だと思います。私たちもイエスマンのように笑顔で物事を肯定し、受け入れていけたら、生活がぐっと楽になるかもしれません。

 

LINE@にてカウンセリングを行っています。

LINE : @584argkx 

Twitter : @misamindfullne1

 

Copyright ©Misa's Mindfulness Blog All rights reserved.

プライバシーポリシー