Misa’s Mindfulness Blog

心理カウンセラーMisaが日英中のパワーワードをご紹介します。

ヨガでマインドフルネスを実行してみた

最近どこの駅でもだいたい見かける"ホットヨガLAVA"の宣伝広告。ずっと興味があったのですが、ヨガってどこか"意識高い系のマダム"がすることだという完全なる偏見によって、なかなか踏み出せずにいました。

そんな私がヨガに出会ったきっかけは、セフレとのいざこざによりにより感情がコントロールできずに、自分の自信がどんどんなくなっていった時でした。とにかく毎日が苦しくて、つらくて、生きていることがつらいと思ったのは初めてでした。感情がout of control(コントロール不能)状態のときって、自分にさえ恐怖が湧くんですね。とにかく自己肯定感がマックス低くて、何とかしてこの泥沼感情から抜け出したい、それがヨガを始めるきっかけでした。

今日は、ヨガによってマインドフルネスをどのように実行するのか、実体験をもとにご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1. ヨガで得られること

f:id:misa_mindfullness:20200109201331j:plain

精神的ヒーリング

ヨガに対して偏見を持っていた私ですが、実際にヨガをやってみて一番良いと思うことは精神的にリラックスできるということです。

薄暗いスタジオの中で心地良いBGMを聞きながら、目をつむって呼吸を意識をする。自分の呼吸が浅いなーとか乱れてるなーということが目をつむり呼吸を繰り返すことによって、自然と感じ取れるようになります。普段生活していると、呼吸を意識することってないので、最初はわざと深い呼吸にしてみたり、自然にできないものです。しかし慣れてくると呼吸をしている自分に意識を向けることができるようになります。呼吸に集中していると、無意識に頭の中であれこれ考えていることが消えていきます。


終業後にヨガに行くと、頭は仕事モードでアクセル全開なのですが、目を閉じ呼吸に意識をすることで、考え事をいったんすべて頭から取り出すようなイメージになります。これがまた、とてもリラックスできるんです!寝る前に行ったら心地良く眠れるようになるくらい、精神的なヒーリング効果が高いと思います。

 

身体的ヒーリング

f:id:misa_mindfullness:20200113214159j:plain

ヨガは激しい運動と違い、筋肉をゆっくり伸ばすことに重点を置いた動きが多いので、身体のこわばった筋肉を心地良く伸ばしてくれます。 一日中パソコンと向きあうことが多い私は、特に首・肩・背中当たりの伸びの動きを行っているときに筋肉の伸びをよく感じます。つらい角度までやるのも好きなのですが、痛気持ちいいくらいのつらさで無理せずゆっくり筋肉をほぐしていくことが好きです。

ヨガレッスンが終わるころには、マッサージ後のような身体が軽くなる感覚を感じることができます。

 

2. ヨガを極めている人の特徴

姿勢が良く自身と向き合えている

f:id:misa_mindfullness:20200113215605j:plain

先生やヨガに長年通っている方の身体って、なんといっても立っている時、座っている時の姿勢が美しいですよね。背骨がまっすぐで胸をはっていて、姿勢が良いというだけで自分に自信があるように見えます。

実際に常に自分の呼吸と身体に目を向けているので、自分に寄り添うという面では自己肯定感を高く保て、精神力がある方が多いような気がします。

自分の心身に耳を傾けるということは、自分で行おうと意識しない限りなかなか日常生活で実践できるものではありません。そのようなことがルーティンになっている方は、自然と感情をうまくコントロールでき、自己肯定感を保つことができると思います。

 

ヨガレッスン中の先生の言葉

f:id:misa_mindfullness:20200113215719j:plain

ヨガの先生の心に響く言葉をご紹介します。これは実際にマインドフルネス瞑想を行う時にも意識している言葉です。

 

“身体の内側に意識を向けていきます”

“空気が背中のほうまで入っていくのを感じましょう”

“頭の中で考えていることをいったん空っぽにして”

“今日1日働いてくれたご自身の身体に感謝をしましょう”

 

自分の身体に感謝をする。とてもシンプルなことに思えて、なかなかできないことの1つです。自分の身体が健康だから生活ができる。自分の身体が在るおかげでやりたいことができる。

身体に目を向けることは同時に心にも目を向けることです。色々なプレッシャーから心臓がバクバクしていないか、身体の筋肉はこわばっていないか。瞑想をするときに必ず自分の心身に問いかけ、その時の状態を確認するようにしましょう。

 

3. ヨガでマインドフルネスを実践する

頭を空っぽにする

f:id:misa_mindfullness:20200113220744j:plain

ではヨガの瞑想にて、マインドフルネスを実行しましょう。大切なことは頭を空っぽにすることです。過去の出来事を思い出して悩んだり、まだ起きぬ未来の事に不安になったりすることがあれば、それはすべて不要なことなので取り除く必要があります。過去は変えることはできないし、未来はまだ何も起こっていないので何もすることがありません。

 

今に最大限集中する

f:id:misa_mindfullness:20200113221406j:plain

大切なのはpresent(今)に集中すること。呼吸に最大限集中することによって、頭の中に存在する思考はいったんrelease(手放す)します。そうすると身体の緊張も少しゆるんで来るのを感じ取れると思います。心身共にリラックス状態を維持することがマインドフルネスでは重要になります。私たちは自分への不安や期待など無意識のうちに考えてしまうことは多いですが、マインドフルネス瞑想を行う時は全ての感情を無にすることに集中しましょう。定期的にマインドをリセットすることによって、ストレスでがんじがらめになっていた心に、少しずつ心地良い風が入ってくるような感覚になると思います。

 

4. まとめ

ヨガに通い始めて思ったことは、レッスンには老若男女様々な方がいるということ。それぞれ目的は異なるかもしれませんが、今に集中しようと瞑想をし、呼吸に意識しているときは、全員が心身に目を向ける努力をしています。

ヨガと出会い、自分と向き合う時間を定期的に持つようになったことで、私自身も以前より前向きに常に胸を張っていられるようになったのは事実です。様々なストレス要因が無数に広がる現代で、いかに自分の心を労わり、目を向ける時間を持つかということがハッピーに生きるコツなのではないかと思います。

 

 

LINE@にてカウンセリングを行っています。

LINE : @584argkx 

Twitter : @misamindfullne1

 

 

 

Copyright ©Misa's Mindfulness Blog All rights reserved.

プライバシーポリシー