Misa’s Mindfulness Blog

心理カウンセラーMisaが日英中のパワーワードをご紹介します。

<中国語①>自分に優しく

普段から"自分に優しく"できてきますか?前の記事でも紹介したように、中国人は自分のことを大切にしている人が多いです。今日から中国語のパワーワードをご紹介していきますが、1回目は自分にどのように優しくなれば良いかという言葉のご紹介です。人には励ましの言葉をかけることができても、自分に対してはできないことってありませんか。

そんな私たちが、普段どのように自分に接したらよいかヒントとなると言葉が多く登場します。

普段から漢字に慣れ親しんでいる日本人は、もしかしたら私の解説なしになんとなく心に意味が入ってくるかもしません。

 

 

  

1. 本日のMindfulness word

f:id:misa_mindfullness:20200115222411j:plain

中国語

"所谓对自己好一点,就是看得起自己,原谅自己,鼓励自己,爱上自己。岁月会证明,你自己的自己,是唯一一个「活对了的」人生" - 学句子

看得起 / kàn de qǐ : 重視する。

原谅 / yuánliàng : 許す。

鼓励 / gǔlì : 励ます、激励する。 

证明 / zhèngmíng : 証明する。

唯一 / wéiyī : 唯一の。たった一つの。

 

日本語

自分に優しくすることとは、自分をしっかり見つめ、自分を許し、自分を励まし、自分を愛することです。年月が経てば、"あなた自身"が唯一「正しく生きる」人生を証明してくれます。

 

2. 意味を深堀して考える

原谅自己(自分を許す)

f:id:misa_mindfullness:20200113214159j:plain

生きている中で、自分に対して怒りの感情が芽生えることって沢山あります。例えば、夫と喧嘩をしてしまい自分の感情を抑えられなかったことに不甲斐なさを感じたり、大事な試験でミスをしてしまい自分を責めてしまったりすることは誰にでもあります。

そのような自分に対してのマイナス感情を持っていると、自分はダメな人間だと思って自己を否定していしまいがちです。しかし、そのような失敗に思えるようなことも、実は自分を成長させるチャンスだったりします。

f:id:misa_mindfullness:20200113114228j:plain

夫と喧嘩をしないように次はどう言葉を返したらよいかとか、次こそ合格するためにはどこを対策したらよいかなど、頭を使って考えるようになります。自分に対して怒りや自己否定の感情でいっぱいするのではなく、今日はたまたまダメだったんだと思ったり、運が悪くてそうなったんだと強く思うことによって、一度自分を解放してあげましょう。自分を許してあげると、ふっと肩の荷が下りて「じゃあ次は同じ失敗を繰り返さないようにどうしたらよいか」と思考が前向きに動き出すようになります。

 

鼓励自己(自分を励ます)

f:id:misa_mindfullness:20200115225221j:plain

他人を励ますことってとても簡単ですが、自分を励ますことって難しいですよね。特に自分がひどく落ち込んでいたら、あなたはご自身にどんな言葉をかけますか?

長い人生なんだから落ち込むことないよ!とか、あなた以上に苦しんでる人はいっぱいいるからあまり落ち込まないで!とか友人にはかけられる励ましの言葉が、自分にはかけられないことってよくありますよね。なぜでしょうか。

f:id:misa_mindfullness:20200115233806j:plain

それは「励ます」という行為が、第三者的な視点で行う言動だからです。だからこそ、落ち込んでいる自分を客観的な視点から見るように心がけなければいけません。客観的に自分を冷静に判断をしたうえで、励ましの言葉をかけてあげると、不思議とすーっと自分の心に入ってきます。

客観的に見れないうちは、自分に励ましの言葉をかけたところで、全く心に入ってきません。自分が当事者でありながら、まるで第三者のように冷静に物事を分析するように心がけましょう。そうすれば、どのような状態に自分がいて、どのようにすれば乗り越えることができるのかというヒントが見えるようになってきます。

 

正しく生きる人生を証明する

f:id:misa_mindfullness:20200115233631j:plain

"活对了的"人生("正しく生きる"人生)って何でしょう。

人はみな価値観が違うので、それぞれ正しいと思うことは異なります。一方で、普遍的であることは自分は唯一無二の存在だということです。ですから、あなた自身が「正しいんだ」と思う人生は必然的に「正しい人生」であることになります。

ちょっと理屈っぽくて難しい言い回しですが、ここで伝えたいことは“あなたが自身をしっかり受け入れて満足している人生は、すべて正しい人生になる”ということです。なぜなら、正しいかどうかを判断するのはあなたしかいないからです。胸を張って自分が好き!といえるようにするには、いかなる自分も許していなければいけませんし、くじけそうになった時は励ましていかなければなりません。

f:id:misa_mindfullness:20200115233614j:plain

どんな時でも、自分のことを見つめ受け入れてあげられるようにすれば、自然と時間がたって振り返ったときに「あー正しい人生だったな」と思うようになる時が来るということです。

 

3. まとめ

当時どうしようもなく苦しい時間を過ごしても、ある程度年月が経つと辛い経験が糧となり、一回りも二回りも成長していたなんてことは、誰しも経験していることではないでしょうか。意味のない経験なんて、実は一つもなくてすべてがご自身の人生をより豊かにする過程に過ぎないのです。

それでもつらい時、苦しい時はやってくるものですから、そんな時は看得起(しっかりと見つめ),原谅(許し),鼓励(励ます)ことを積極的に行い、自分を守ってあげましょう。そうしているうちに、気が付けば「正しい人生だったなー」と思えるようになる日が来ているかもしれません。

 

 

LINE@にてカウンセリングを行っています。

LINE : @584argkx 

Twitter@misamindfullne1

 

Copyright ©Misa's Mindfulness Blog All rights reserved.

プライバシーポリシー