Misa’s Mindfulness Blog

心理カウンセラーMisaが日英中のパワーワードをご紹介します。

<中国語⑧>爆買いの心理

新型コロナウィルスが流行ってますね。昨日上海から来日の旧友に会ったのですが「新型ウィルス大丈夫?」と聞くと「没事的(大丈夫だよ~)」と笑いながら言ってました。彼の考えとしては、かかっても潜伏期間が長いので今は感染しているかわからないから考えても仕方がない→とりあえず旅行を全力で楽しむよ☆とのことで、見事な爆乐观(ポジティブ)さに脱帽。

ここ数年春節の時期は、中華系の方が沢山来日し色々なものを爆買いする様子が取り上げられていますが、なぜ中国人は爆買いするのでしょうか。実は、転売して大儲けしたいという人は一部であり、実際は「友達に頼まれたから」という人が多いということは、意外と知らない人が多いはずです。

今回は、中国人の友人から聞いた話をもとに中国人の爆買いの真相、友達への考え方についてご紹介していきます。

 

 

 1. 本日のMindfulness word

中国語

f:id:misa_mindfullness:20200126110953j:plain

朋友一生一起走,那些日子不再有。

朋友/péngyǒu : 友達。

一起/yìqǐ : 一緒に

走/zǒu : 進む、歩いていく。

日子/rìzi :  日々

不再~/bùzài : 二度と~しない。

 

日本語意訳

 友よ、一生一緒に歩んでいこう。過ぎ去った日々はもう戻らないけれど。

 

2. 意味を深掘りして考える

友人からの依頼

f:id:misa_mindfullness:20200126111905j:plain

爆買いをする中国人の理由の一つとして、友人から頼まれたからということがあります。以前の記事でも紹介しましたが、中国人の友人に対する感情は、日本よりはるかに深く情熱的です。小さい頃から「友達は一生大事にしなさい」と両親から言われて育っている彼らは、友人から頼まれたもの=絶対に買って帰るという思いが強いです。

日本人だったら「荷物にならないかな」とか「観光の時間に買い物させるのは申し訳ないな」とか考えたりしますが、中国人は友人に対してまず遠慮をしないので気軽に「拜托你了(頼んだよ~)」とお願いできるんですね。

 

友人の友人は友人の精神

f:id:misa_mindfullness:20200126112622j:plain

そんな大切にしている友達にも、同様に大切にしている友達がいます。なので、日本へ行く友達に頼む友達も既に友達から依頼をされているということが良くあります。イメージするならば、ピラミッドのようなスキームです。日本に行く人がピラミッドの頂点だとすると、その下に彼の友人が2名いて、更に彼の友人の友人が更に2名いる。そうすると、日本へ行く中国人が買わなければいけない友人の依頼物は合計6つということになります。

中国の方の中には、裕福で一年に何回も旅行をする人も一部いますが、まだまだ大部分の中国人は、給料が低く、ましてや自分の国より物価が高い国に旅行できる機会はほんのわずかです。

そのような背景もあり、日本に行くことが決まったら友人や、友人の友人から「あれも買ってきて!これも買ってきて!」と依頼をされることが多く、それが結果的に爆買いにつながるということです。

 

日本製品への信頼感

f:id:misa_mindfullness:20200126113703j:plain

では、なぜ友人の友人までも日本に行く友達に依頼をするほど日本製のものが欲しいのでしょうか。

中国人が爆買いするものを考えてみた時に以下の商品が人気のようです。

①医療品(目薬、風邪薬、マスクなど)

②家電製品(炊飯器など)

③化粧品(顔パック、化粧水など)

④赤ちゃん用品(紙おむつ、粉ミルクなど)

これらの商品は日本からの輸入品として中国でも購入することが可能です。しかし、国民の中国で売っている商品への不信感はとても強く、すべて「假的(ニセモノ)」と考える国民が沢山います。なので日本で買う日本製の商品は、ホンモノで品質が高いものという安心感があるので、みんなこぞって購入するというわけです。

f:id:misa_mindfullness:20200126114543j:plain

中国ではニセサツ多く出回っており、いち早くWeChatのようなQR決済が浸透した国でもあります。私の記憶では、留学していた2010年くらいにはすでに街の小さな屋台でさえ、QR決済を行っていたと思います。お金に限らずモノをコピーする能力がとても高いこともあいまって、ホンモノかどうか不安を抱きながら使用するのではなく、信頼できる日本製のものを沢山買いたいという気持ちは分からなくもないと思います。

 

4. まとめ

今回は、中国人の友達へ対する考え方を基に彼らの爆買いについて考えてみました。彼らの根底には互相帮助(助け合いの精神)があり、特に友達間だとその絆は強くなります。私も留学時代は沢山の中国人の友人に助けられました。中国人というだけで、偏見を持つ日本人はまだまだ沢山いますが、一人でも仲の良い中国人の友達ができるとその
考えはガラッと変わり、とても情に熱く友達を大切にする民族だと思えることがあると思います。

私たち日本人も友達に対して一生の友達なんだという考えのもと、遠慮をせずに深い付き合いをしていきたいものですね。

 

 

LINE@にてカウンセリングを行っています。

LINE : @584argkx 

Twitter : @misamindfullne1

 

 

 

Copyright ©Misa's Mindfulness Blog All rights reserved.

プライバシーポリシー