Misa’s Mindfulness Blog

心理カウンセラーMisaが日英中のパワーワードをご紹介します。

<中国語11>早起きは三文の徳

土日って何時に起床してますか?朝寝坊したりしてないですか?

こんにちは、毎週日曜日はだいたい7時起床で8時から仲間とテニスをしてますMisaです。20代の頃は、土日は必ず朝寝坊、朝ごはんなのか昼ご飯なのかわからない食事終えて、午後気が付いたら14時のような生活をしていました。それがここ数年は、週末は平日より早起きし、午前中からフルで活動をするということが多くなりました。

歳を重ねるごとに朝起きるのが早くなると言いますが、私もそれに当てはまります。高齢者は身体的な理由かもしれませんが、私の場合は完全に「時間がもったいない」とか「やりたいことが多く必然的に早く起きなければいけない」といった精神的な理由が大きく、根底には早起きをすることで得することも沢山あると思っているからです。

本日は早起きすると何が自分にとって良いかを、Mindfulに解説していきます。

 

 

 

 

 

1. 本日のMindfulness word

f:id:misa_mindfullness:20200202125130j:plain

中国語(俗语

早起的鸟儿有虫吃/zǎoqǐ de niǎo yǒu chóng chī

直訳:早起きの鳥は、食べる虫がある。

日本語訳:早起きは三文の徳。

 

2. 早起きのメリットを考える

自立神経が整う

f:id:misa_mindfullness:20200202125502j:plain

「早起きは三文の徳」ということわざがあるくらい、昔から早起きは良い事とされています。その一つに自律神経が整うということが挙げられます。人間の身体は交感神経副交感神経がバランスを取っています。日中は活動的な交感神経が優位になり、逆に夜の間は鎮静的な副交感神経が優位となり身体を休ませています。

早起きすることで交感神経を呼び覚まし、脳が正常に活動を始めると、朝からすっきりした心身の状態を作りだすことができるようになります。一方で、寝すぎると副交感神経が過度に優位に働くため、だるさや、倦怠感を感じます。

 

集中力が高まる

f:id:misa_mindfullness:20200202131807j:plain

人間が1日のうち最も集中できる時間は、朝起きてから2-3時間という事実をご存じですか?これを巷では『ゴールデンタイム』と呼ぶらしいですが、平日で考えた時に起床してから1時間~1.5時間くらいは凡そ、支度→通勤・通学に使われるのが一般的でしょう。集中力が高まっている時間の半分は何もせずに消費しているって(電車で本を読んでいたりしたら別ですが)とても勿体ないですよね。

だからこそ休日は寝坊で頭がぼーっとした状態で2-3時間を過ごすのではなく、早起きをしてすぐに頭をすっきりさせた後、集中力が高まっている時間に何か行いたいものです。

私の場合頭がすっきりするように、起床後は日の出の太陽に顔を向けながら瞑想をします。そうすると太陽の温かい光によって、目が覚めやすくなる効果があります。必ずしも日の出の太陽である必要はなく、もう既に太陽が空高く昇っていたら、その位置の太陽に向けて瞑想するのでも効果は同様です。

 

心に余裕が生まれる

f:id:misa_mindfullness:20200202132916j:plain

このように早起きをすると身体の状態が良くなり、心が軽く感じるようになります。単純にすっきりした頭と身体、昇る太陽と一緒にいるということだけで、心に余裕が生まれます。朝日を浴びながら自然のエネルギーを身体にたっぷりと吸収すると、なんだかその日1日がとても良い日になりそうな感じがしませんか。

1日の始まりを気分良くスタートさせることができると、たとえマイナスなことが起こったとしても、それを乗り越えるだけの精神力が備わっています。

f:id:misa_mindfullness:20200202131801j:plain

また低血圧などで早起きが苦手な人でも、頑張って早起きをすると、達成できた自分に対し自信が湧きます。何か作業をするときは、1日を過ごした疲れた身体と、様々な感情が入り乱れることが多い夜に行うより、身体がすっきりしていて心に余裕がある朝の方が効率や生産性があがることもあります。

もし自分で続けたいのに続かないことがある場合は、意識的に夜に行うのではなく、ジティブ脳が活性化している朝に行うことをお勧めします。

 

3. まとめ

中国語のことわざでは、早起きする鳥は食べる虫がある(早起きしない鳥は、ほかの鳥にとられてしまっていて食べる虫がない)といいますが、早起きすることで得をすることは沢山あるのです。

普段の疲れがたまっていて、少しでも長く寝たいという心理もとても良くわかりますが、1か月に1回でもいいので普段より30分早起きしてみませんか?

f:id:misa_mindfullness:20200202140029j:plain

太陽の光をいっぱい浴びて頭がすっきりした状態で1日がスタートした日には、生産性アップだけでなく自己肯定感も高まり、とても心地良い1日を送ることができるようになります。

早起きを習慣にして、私たちも“食べれる虫”を沢山得られるようにしましょう。

 

 

LINE@にてカウンセリングを行っています。

LINE : @584argkx 

Twitter : @misamindfullne1

 

 

 

 

 

 

 

Copyright ©Misa's Mindfulness Blog All rights reserved.

プライバシーポリシー